So-net無料ブログ作成

手になじむ、ボツボツ。(Sony Tablet S) [Sony Tablet]

ボツボツは手になじむ。

ソニーのデジタル一眼カメラ“α”のグリップもボツボツ。

なぜか、そのαと同じ加工がされた、VAIO RTシリーズのスタンド部分も、ボツボツ。

DSC09849 (1).JPG

拡大。

DSC09849 (2).JPG

このスタンドの部分をαと同じ加工にして、何か機能的に得するのか?というのはよく分からないが、手触りは、いい。手が触れるところではないが、思わず触っちゃう。

実用的な事と言えば、ワイヤレスキーボードを使わない時にここに乗せて置いた場合、ゴムのような加工の為、滑らない。

でも実用面というよりは、演出の部分が大きいかな、このスタンドに関しては。

さて、ソニータブレットS。
これにもボツボツがあるのである!

DSC09850.JPG

この背面の黒いエリアが、「ボツボツエリア」だ!

拡大!

DSC09851.JPG

黒い部分の全面に、ほら、ボツボツ。
でもボツボツのベースは、ツルツル光沢。
ツルツルとボツボツのコラボレーション!

DSC09852.JPG

SONYのロゴ部分は、ボツボツがない。

さてこのボツボツ、何故記事にしたかというと、単なるデザインではないところが気に入ったから。

ソニータブレットSを手に持った時、このボツボツのある黒いエリアで持つことになる。
つまに、ソニータブレットSを手に持てば、自然とこのボツボツエリアが、持っている手のひらや指に当たる。

それがいい感触なのだ。

小さなボツボツなので、これが実際に強いグリップ力を発揮していかるかは分からない。
しかし、ボツボツを指に感じるだけでも、「持っているな、ホールドしているな」という感覚になるので、それだけでも安心感がある。
何というか、本能的に気持ちがいい。

このボツボツをデザインに取り入れた人、ステキ。
ボクは感動していますよ。

DSC09853.JPG

ボツボツは、ソニータブレットS本体から裏に回りこむ、部分から始まっている。
タブレットを縦に持つと、ここに親指がくる。

ボツボツを指に感じると、「ここが持つところだな」と感覚的にわかる。

そしてある事に気付いた。

似ている。

何かに似ている。

そうだ!アレだ!

初代PSP!

並べてみた。

DSC09856.JPG

本体は、液晶画面とその枠との段差が無い。
これも同じ!

そして上部にボツボツ!

DSC09857.JPG

ほらあった!

デザインとしては、かなり近いものがある。

しかし、決定的な違いは、

「PSPは、ここはもつところではない。」

グリップ関係ない?

かといって、マイクやスピーカーのネットでもない。

PSPのここがボツボツなのは謎。

 

でも、触ると気持ちがいい。

 

ソニータブレットの話に戻ろう。

ホールドする手はボツボツを感じ、操作する反対の手の指はツルツルの画面を感じる。
違う感触を感じながら使う設計なのは、なかなか面白い。

紙を折り返したようなデザインとも相まって、ソニーのタブレットは、他のタブレット端末と区別できるのが、なんだかいい。個人的に好き。

XPERIAも、微妙なRが、遠目に見ても「XPERIAだ」と分かるのがスゴイ。
ソニーのデザインは、似たような製品が多い中でも、それがソニーの製品だと分かるというのがスゴイと思う。

だから、ソニー好き。

ボツボツ製品も増やしてほしいな。


nice!(2) 
共通テーマ:パソコン・インターネット

nice! 2

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。